読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぐもぐキッチン(仮)

個性を出したい!目立ちたくない!

ブログには信ぴょう性は求められるべきなのか

勝手に語るシリーズ

ぼくは文系の大学生です。

このブログ、ろくな自己紹介をしていないので、どこかでした方がいいかもしれないですね。

文系大学生といいますと「文系大学生の間は人生の夏休み」と言われるよう、に遊んでばかりだと思われる気がします。

確かに理系の方々よりは勉強量が劣るかも知れません。

そもそも理系のお友達があまりいないんですね。

ただ、自分で言うのもなんですが、ぼくはそんなに遊んでばかりというわけでもなく、結構勉強しております。

 

そんな文系大学生がどんな勉強をしているか、というとなんらかの事象を研究対象とし、論文を書くという、極ありきたりな勉強です。

具体的にどのようなものを研究しているのか、ということについては話すと長くなるので気が向いたら書いてみようかと思います。

 

文系大学生であれば専門分野ではないこともレポートという形で何かしら書かなければならない、ということがあります。

大抵は講義を受けてレポートを書く、ということになるかと思います。

そんなレポートを書く際に求められるのが「参考文献を明示する」ということですね。

引用を行うのであればきちんとした形で引用し、参照を行うにしてもきちんと参照したことを明示しなければならない、というのが多くのレポートです。

もしきちんと引用や参照を示さなければ剽窃ということになりかねません。

単位を取得することが楽だ楽だと言われている文系大学生が唯一気を付けなければならないことかもしれませんね。

 

そんな中、こう言っては何ですが、参考文献を明示するということはなかなかに面倒です。

きちんと意識してやれば問題ないとも言えるのですが、常識だと思うことをきちんと論拠を持たせて説明したりすることは面倒と言えば面倒です。

体感としてはぼんやり文章を書くのに比べ2倍3倍の時間がかかってしまうように思います。

ぼんやり文章を書く、というので思い浮かぶのは「ブログ」ですね。

 

どうなのかな、という気もしますがこのブログではかなり適当なことを書いています。

単純に自分が思ったことであったり、気になることを特にきちんとした論拠も持たせずつらつらと書いています。

このようなことはある意味では問題であるような気がしますが、インターネット上の文章の多くがそうした形態をとってしまっている、という感じがします。

自分でインターネットに文章を書くようになって強く感じました。

 

今多くの人がインターネットで情報収集を行っています。

小さい子からおじいちゃんおばあちゃんまでインターネットに困ったことや知りたいことがあれば向かっていき、情報を得ようとしている世の中になっているのではないでしょうか。

ぼくは小学校や中学校で「インターネットの情報ばかりを信じるな」と教育を受けてきたように思います。

ですが周囲の同世代の人間を見ていると、インターネットの情報を疑いもせず受け取り活用している人がとても多いと感じています。

 

そもそもこの世の情報に絶対正しいなんていうものはありません。

権威ある新聞社が書く記事だって必ず正しいということはあり得ませんし、テレビで目にする情報も疑ってかかるのが理想でしょう。

東日本大震災に伴う原発事故であったり、もっと過去に目を向ければ戦中の不確実な情報などがよい教訓になっているんでしょう。

 

しかし情報を疑う、ということは大変難しいです。

自分でそう思いますし、周りを見ていてもそう思います。

そのような中でインターネットが発達し、信じられないほどの情報を手に入れることが現代では容易にできます。

 

そこで思ったのが「ブログはどこまで情報に信ぴょう性を持たせて書かれるべきなのか」ということです。

ブログというものには人々の生活に非常に身近な記事が多い、という気がします。

「役立つ情報」みたいなものを沢山載せているブログも多くありますね。

この役立つ情報というものは、確実性が高い方がよいに決まっています。

しかしながらこの確実性、というものを実証することは非常に困難な気がします。

そりゃ信ぴょう性が高い記事を書く方がいいのですが、現実問題難しい。

困った困った。

そんなことを思いながらこれから先もブログを書いていってしまうような気がします。

 

相変わらずよくわからない見解を述べただけの記事になってしまいました。

とりあえず今後は少しでも信ぴょう性が高いような記事が書けるようになりたいですね。

高い目標です。