読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぐもぐキッチン(仮)

個性を出したい!目立ちたくない!

【緊急解明】自称ポケモントレーナーのぼくがPokémon GOに大してはまらなかったのはなぜか【どうでもいい】

勝手に語るシリーズ

先週リリースされた話題のスマホゲームPokémon GO

f:id:ku0:20160729180542j:plain

 

いまだにちびっこから大きなお友達まで歩きスマホに必死な街角は、毎日ニュースに取り上げられていて社会現象になっていますね。

こんなに流行しているポケットモンスター縮めてポケモンを題材にしているスマホゲームですが、天邪鬼な(のかもしれない)ぼくは思ったより熱中していません。

 

自分語りをさせていただいて恐縮ですが、幼稚園に入学する少し前にアニメポケットモンスターが放送開始、幼稚園生の時にポケットモンスター金銀が発売された22歳のぼくはポケモンドンピシャ世代とは言えませんが、人生の一部はポケモンでできていると言っても過言ではないような人間です。

はじめてゲームを買ってもらった小学一年生のお誕生プレゼントはポケットモンスタークリスタル

サンタクロースを怪しんでいた時にポケットモンスタールビーをクリスマスにもらった小学3年生。

近所の友達が持っていてうらやましかった赤版のリメイクが出た小学4年生。

ついにニンテンドーDSポケモンが発売されるも、若干ポケモンに冷め始めていた小学6年生。

金銀リメイクが発売され、懐かしさからつい買ってしまい受験勉強がおろそかになった中学3年生。

すっかり対人戦の面白さにはまってしまった高校生以降。

長々と語ってしまいましたが、本当にポケモンというゲームとともに成長してきた気がする人生です。

 

 

ちなみに第6世代最高レートは2106(シーズン11)。

好きな並びはカバドリラティハッサムです。

f:id:ku0:20160729180636j:plain

んんWWWボティオスはありえないWWW

 

 

こんなポケモンに(あまり強くないけど)ドはまりしているような人間ですが、社会現象になるようなPokémon GOには今のところ大してはまっていないと思っております。

図鑑は30匹くらいしか埋まっていないはずです。

 

きっとなぜこんなにPokémon GOが流行しているのかを書いている人はたくさんいると思うので、勝手に個人的になぜそこまではまらなかったのかを書いてみようと思います。

 

電池がなくなるから

Pokémon GOがリリースされた日にダウンロードして近所を30分ほど歩き回ってみました。

すると60%ほどあった電池がいつの間にか30%ほどになってしまっていました。

ぼくのスマホのスペックが低い、電池容量が少ないといった原因があるのかもしれませんが、位置情報を使って電源を常に入れていればそりゃあ電池がなくなるだろうな、という感想を抱きました。

いざというときに電池がなくなったらいやなので、あまり昼間からできるゲームじゃないなぁと思った次第です。

(モバイルバッテリーを買えばOK!)

 

歩きスマホが嫌いだから

これはぼくの親の影響を受けに受けた結果なのだと思いますが、ぼくの家の人は皆歩きスマホが嫌いです。

けっこう迷惑なことが多いし、危ないですからね。

PokémonGOをやっている人が皆危険な歩きスマホをしているとは思っていませんが、ニュースで歩きスマホの危険性を訴えるものが多いのも事実です。

「PokémonGOをやっている=歩きスマホ」みたいな等式が何も知らない人の中にできつつある中、歩きスマホしている人だと思われるのはなんとなく嫌だったので、あまりPokémonGOをやりたくなかったりします。

(ひょっとしたら報道をしているマスコミが悪い!!かもしれない)

 

目標がないから

PokémonGOをやって思ったのは「これ、何を目指せばいいの?」っていうことです。

図鑑を埋めるとか、ポケモンジムをつくる、みたいな目標が一応あるのかもしれませんが、なんだか遠すぎる目標だったり、面白味に欠ける目標だなぁと感じました。

ストイックにゲームに打ち込める人なら楽しいのかもしれませんが、自分のような飽きっぽい人間には向かないゲームのように感じています。

このポケモンを捕まえたらこんな称号が手に入って仲間に見せびらかせる、とかそんなシステムがあってもいいのかなーと思いました。

あとは、ゆっくり気長にやる人なら楽しめると思います。

ぼくは一応ゆっくり気長にやっているつもりです。

(おまえが短気なだけじゃねぇか)

 

普通のポケモンのゲームの方が面白いから

ここで言う「普通のポケモン」とは任天堂の携帯ゲーム機で遊べるRPG形式のいわゆる「ポケモン」です。

そりゃ無料のスマホゲームと比べるのが失礼な話かもしれませんが、ぼくの知っていた「ポケモン」に比べてポケモンを捕まえることであったり、対戦することであったりの面白さが違いすぎる、と感じてしまいました。

もともとのポケモンの素晴らしさを知っているからこそ感じてしまったことなのかもしれませんね。

ただ、ポケモンがめちゃくちゃ好きな人でPokémonGOにめちゃくちゃはまっている人もいっぱいいるそうなので、個人の感想だと思います。

 

 

 

 

以上の四つが主なぼくが思うPokémonGOにはまることができなかった理由です。

ただ、社会現象になるほどのゲームにのめりこめていないのはなんだか悔しいと思っております。

それなので、

PokémonGOアップデートしてもっと面白いゲームにしろ増田ァ!